Contents

わきの脱毛

わきの脱毛

女性の皆さんにとって、一番大変で苦労する脱毛処理は「わきの脱毛」ではないでしょうか。毛の量には個人差があるので、毛抜きで脱毛をする人もいれば、簡単にカミソリの使用やエステで脱毛を行う人など様々でしょう。 特に夏になると、キャミソールや半袖、肩を出す洋服を着る機会がとても多くなりますので、脇に毛があるとせっかくのオシャレが台無しになってしまいます。ここでは色々なわきの脱毛方法を紹介していきます。

エステでわきの脱毛

エステや美容整形外科で行う脇の脱毛処理方法は、電気針を使用して脇の脱毛処理が多く行われています。 直接、電気針を脇の毛穴にさし込んで毛を焼いて行きます。麻酔などは使用しませんので、少し痛みが伴います。針の大きさは、その人のわき毛にあったサイズを使用しますので、長さや太さは個人差になります。処理にかかる時間はとても長く、場所によっては一年近く通わなければいけません。

エステでわきの脱毛処理を行うとなると、やはり通ったりしなければいけませんので、金銭的にも負担が大きいものになってしまいます。エステに行かれる前には一度スタッフと相談すると良いでしょう。

レーザー脱毛によるわきの脱毛

医療で使用される、医療用レーザーで行うわきの脱毛処理の場合は、最初にレーザーがしっかりと毛根に届かなければ脱毛の意味がありませんので、脇毛を剃るところから始まります。それからわきの下にジェルを塗り、レーザーを当てて脱毛開始になります。医療用レーザーを使用する場合は、麻酔をかけますので痛みの心配はありません。脱毛処理は、短時間で終了しますが、少し通院しなければいけない場合もあります。

カミソリでのわきの脱毛

カミソリで、脇の脱毛処理をしている人は一番多いと思います。毛の濃い人がカミソリで、わきの脱毛処理を行うと、黒くボツボツになってしまったり、毎日カミソリを使用していることで、脇の下が切れたりかぶれたりしてしまいます。

毛抜きでのわきの脱毛

カミソリではしっかりと脱毛処理がしきれないといい、毛抜きを使用してわきの脱毛処理を行う人も大勢います。実は、毛抜きを使用しての脇の脱毛処理は、一番危険なのです。 わきの下はとてもデリケートです。そのため毛穴が開いた状態で汗から出たバイキンが、わきの毛穴に侵入してしまうと、炎症やかぶれを起こし、そこから膿が溜まり膨れ上がってしまいます。最悪な場合は、手術を行わなければいけませんので毛抜きを使用してのわきの脱毛処理には、十分注意が必要です。

カミソリや毛抜きを使用した後のケア

脇の脱毛処理後は、まだ毛穴が開いた状態なので、ローションなどをつけてしまうと刺激が強く、痛みが伴いますので少し時間をおいてからケアをしましょう。また、かぶれや炎症がある場合は、すぐに皮膚科や専門医に相談をしてください。

わきの脱毛を行う前準備

医療機関や、エステで脇の脱毛処理を行う場合は、事前にしっかりとチェックしたり準備などをしたりしておきましょう。

・ 脱毛処理を行う医療機関(エステ)を数点決めておきましょう。
・ 予算は、脱毛する場所によっては価格が変わってきますので、細かい点や金額についてもしっかりとチェックしておきましょう。
・ 通う医療機関やエステには、事前に問い合わせ、または直接伺って話を聞いておきましょう。

女性にとって、美容の一つひとつがとても重要になります。今ならオシャレの一部としては欠かすことができませんね。やはり、脱毛を行う場合は、事前にしっかりとチェックをしておくべきです。何も調べずに脱毛を行なって失敗したケースも少なくはありません。医療機関やエステは高価な金額になりますので、しっかりとプランを立てて脱毛を行うことをおすすめします。

PAGETOP