Contents

脱毛剤

脱毛剤

エステや医療機関で脱毛するのではなく、自宅で手軽に脱毛を行うには、市販されている脱毛剤を使用するのが一番良いでしょう。ただ、どの脱毛剤を使用すれば良いのか迷ってしまったり、わからない部分がでてきたりしますね。ここでは脱毛剤の種類やどのような脱毛剤であるか、他にもそれぞれの脱毛剤の使用方法などを紹介していきます。

脱毛剤とは

脱毛剤を使用すると毛根からしっかりと脱毛をします。カミソリなどを使用したのとは全く違いますので、脱毛後は長い間持続することができます。種類やおすすめの脱毛剤については次の項から見ていきましょう。

脱毛剤の種類

脱毛剤は、とても種類が豊富に揃っています。脱毛クリームや脱毛ワックス、他にも脱毛テープや脱毛フォーム、脱毛ジェルなど数多くあります。ここで一番多く使用されている脱毛剤を紹介します。

脱毛クリーム

脱毛クリームとは、アルカリ性のクリームを主に使用しています。直接脱毛したい部分に脱毛クリームを塗りこんでいきます。時間をおいてから拭き取ったり、洗い流したりして行う脱毛方法になります。
事前にお風呂で肌を温めておいたり、蒸しタオルなどあてておいたりして毛穴を開いた状態にしておくと良いでしょう。脱毛後は少し時間をおいてからしっかりとアフターケアを行いましょう。

脱毛ワックス

脱毛ワックスとは、固形状の油であり自宅ではもちろん、エステでも多く使用されている脱毛剤です。脱毛ワックスは、脱毛したい部分にワックスを塗りこんでいきます。ワックスが完全に固まったら一気にはがしていきます。脱毛ワックスは、肌の角質までも一緒にとってしまいますので、肌に大きな痛みと負担をかけてしまいます。

肌に負担をかけないためにも、アフターケアをしっかりと行わなければいけません。肌の弱い人は脱毛ワックスを使用する事を避けましょう。脱毛ワックスは、数週間しか持ちませんので、直ぐに毛が生えてしまう所が難点になります。

脱毛テープ

脱毛テープはシート状になっており、様々な大きさのシートになっています。入浴した後に脱毛をすると、毛穴が開いた状態になり、毛が綺麗に抜けやすくなるため効果的です。
ただし、脱毛ワックスと同様にワックスが塗られたテープを一気にはがしますので、かなりの痛みがあり、肌に大きな刺激を与えてしまいます。アフターケアを忘れずに行いましょう。脱毛テープと脱毛ワックスはミツロウやパラフィンなどの固形油を使用しています。

脱毛剤のデメリットは?

それぞれの脱毛剤も同様ですが、永久脱毛をすることは不可能です。時間がたつと再び毛が生えてしまいます。しかも、毛が生えるときは男性のヒゲのような、肌にザラザラ感がでてしまいます。脱毛剤を使用する時は必ず、その脱毛剤の特徴や注意書きを細かくチェックしてから使用することが大切です。

おすすめ脱毛剤

エピラット脱毛テープ14枚入り

エピラット 脱毛テープ 肌に負担をかけず、手早く簡単に脱毛を行うことができる優れた脱毛テープ。脱毛後はツルツルの肌に仕上がります。

ヴィート脱毛シートエステのような仕上がり感12枚

ヴィート 脱毛シート エステのような仕上がり感 乾燥肌用 12枚 あらゆる脱毛箇所に使用することができます。持続が約4週間と嬉しい脱毛シート。2ミリ程度の毛も脱毛することができるおすすめ脱毛剤。いつでも使用することができるのが嬉しいですね。


夏に向けて欠かせない脱毛。女性はもちろん!!今では男性にとっても脱毛は当たり前であり、だからこそ悩まされたり疑問に思ったりすることが多々出てきます。 脱毛方法や脱毛商品を事前にしっかりとチェックしておき、肌を傷つけたりしないように脱毛を行いましょう。そして、後悔することのない夏を迎えることができるように綺麗な肌作りをしましょう!!

PAGETOP