Contents

永久脱毛

永久脱毛

女性にとって、ムダ毛や毛深いことは天敵です。夏は水着や背中のあいたオシャレな洋服を着たい!けれども、ムダ毛や毛深いことが気になり、せっかくのオシャレも断念せざるおえなくなってしまいます。こんな経験がある人も多いですよね。
人それぞれ体質が異なりますから、毛深い人もれば逆にムダ毛が少なく薄いという人など様々です。やはり女性にとっては、顔だけではなく体も併せて美しさを追及しなければいけませんので、ここでは悩める女性の為に、永久脱毛について紹介します。

本当に永久に脱毛できるの?

永久脱毛といいますが、やはり本当に永久に脱毛されるのかどうか不安に思うのが私たちの本音ではありませんか。永久とは言え、数年経つと毛が生えるのではないかなど、私たちにとって信じがたいものです。 永久脱毛は、名前の通り、現在では医療が進んでいるため、永久に脱毛する事ができます。
毛の生えてくる部分の発毛組織を、レーザーや電気絶縁計を使用し破壊させるのです。ただし、永久脱毛は、1996年に医療用のレーザー脱毛が開始されたばかりですので、まだ経験が浅い状態になります。確実に永久脱毛になるとは証明されていないことが現状です。

・ 半年経過後に毛が生えてこない場合は永久脱毛になります。
・ 永久脱毛でむだ毛が生えたり増えたりという声は、現在あがっていません。

永久脱毛は古代から

永久脱毛は、最近のように感じますが、実は古代から存在していました。今も昔も変わらず女性は女性ですから、美しさを追求するということは欠かせません。昔はどのような方法で永久脱毛を行われていたのかを見てみましょう。

X線による永久脱毛

1904年頃、X線を使用した脱毛方法はアメリカで行われていました。永久脱毛としては完璧な出来でしたが、X線によりしみやしわができ、多くの女性を悩ませていました。更には、年数を重ねたあとには皮膚ガンになるという症状が多発し、永久脱毛には不向きな方法となりました。

電気分解法による永久脱毛

アメリカで電気分解方法が行われており、発毛組織に直接電気をあてることによって、発毛組織を分解させます。それにより、電気の分解作用で作られたアルカリ液が毛包組織を破壊させ脱毛していました。

高周波脱毛法による永久脱毛

1924年頃フランスで行われており、処理時間がとても短く、高周波の加熱作用によって発毛組織を凝固し、発毛組織の機能をストップさせる永久脱毛方法です。

ブレンド脱毛法による永久脱毛

1948年頃に、電気分解法と高周波脱毛法の二つを利用し永久脱毛に挑戦しました。現在この方法は、エステで使用されている「美容電気脱毛方法」という永久脱毛処理として行われております。ニードル等を使用し、微量の電流を流し、発毛機能を低下させて脱毛をします。

レーザー脱毛

現在最も主流な永久脱毛方法は、レーザー脱毛になります。1920年頃、アインシュタインによる「誘導放出研究」がレーザーの発端となりました。 1954年頃には、コロンビア大学のタウンズ氏らが、マイクロ波を強く直線に放出させる「水素メーザー」が開発されます。更に長い年月が経ち、1994年頃ハーバード大学の研究グループによって、レーザー脱毛の研究が繰り返し行われます。 1996年頃にはレーザー脱毛の理論が確立し、レーザー装置を開発しました。その後、米国でレーザー脱毛機が数多く認められました。

レーザー脱毛の特徴については、「レーザー脱毛」のページで詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

PAGETOP